Keyboard and Mouse

企業保険

あらゆるリスクに対応する保険商品をご案内します

事業上のリスクへに対応する保険

企業総合賠償責任保険

事業活動の様々なリスクに起因した事故が発生した場合の高額な支払いに備えます。

《事例》

・業務中の事故
 自転車で配達中に運転を誤り、通行人と衝突してケガをさせた。

・借用財物の損壊

 工場内での作業のために借用していたクレーン車を誤って壊した。

・従業員へのハラスメント

 女性であることを理由に不当な処遇を受けたとして従業員が会社に対して損害賠償を請求した。

・海外出張中の事故
 海外出張中に誤ってお客さまにケガをさせた。

・受託物の損壊
 取引先から預かっていた金型を自社の火災により焼失した。

・リコール
 販売した製品が原因でお客さまにケガをさせるおそれが判明し、社告を出してリコールを実施した。

・ブランドイメージ回復
 販売した食品に食中毒事故が発生。再発防止のためのコンサルタント費用や、信頼回復のための広告費用が発生

 した。
 

サイバープロテクター

会社役員賠償責任保険

会社の役員が、役員としての業務につき行った行為(不作為を含みます。)に起因して、保険期間中に損害賠償請求を受けた場合に、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に備えます。

《事例》

・取締役が、情報管理体制の構築という職務上の注意義務を怠ったために、情報流出が発生し、会社に損害を与え

 たとして、責任を追及された。
・元取締役が、過去に不適切な会計処理を行っていた問題に関して、財務状況を顧みない独断的な経営で会社に

 多額の損害を与えたとして、責任を追及された。

・取締役が、損失隠しをめぐる不祥事の隠ぺいを図り会社に損害を与えたとして、責任を追及された。
・誤って欠陥のある商品を販売した会社の代表取締役が、他人に損害を与える可能性がある欠陥商品を販売しない

 ようにすべき職務上の義務を怠ったとして、買受人から損害賠償請求が提起された

労務上のリスクに対応する保険

業務災害補償保険

従業員の業務上の災害によって、会社に発生する損害賠償責任に備えます。

《事例》

・業務中のケガによって後遺障害が残った従業員の男性とその両親が、事故防止のための措置を怠ったとして訴訟

 を起こす
・過労死、過労自殺で亡くなった従業員の遺族が、長時間勤務による過労が自殺の原因として訴訟を起こす
・パワハラでうつ病を発症して休職した従業員が、休職中の収入と慰謝料、治療費などを求めて
上司と会社に訴訟

 を起こす

事業継続リスクに対応する保険

事業活動総合保険

財物損害・休業損害・賠償責任リスク等事業活動にかかわるリスクをまとめてカバーする火災保険です。

《事例》

・財物損害:火災、水災、製品等の盗難、設備等の破損

・賠償責任:お店の設備の管理不備に起因する賠償、提供した生産物に起因する賠償、受託物に対する賠償
・休業損害:事業に使用する建物等が損害を受ける等し、休業した場合に生じる損失

お気軽にお問合せください

サイバー攻撃等による情報漏洩、あるいは第三者の業務の阻害に関わる損害賠償責任・費用損害について包括的に備えます。

《事例》

・私用のPCが感染し、業務に関する情報が漏洩

・業務用端末・私用PCが盗難され、記録されていた個人情報が漏洩

・ビデオ会議が盗聴され、秘匿の会議内容が流出